鉄道輸送

バルク原材料で鉄道輸送が選ばれる理由
多くの企業にとって、専用鉄道で生産設備に原材料を輸送することは、成功の象徴となっています。生産設備までの専用線路の敷設も、運用や保守費用も非常に高価です。鉄道会社や原料製造販売会社側で、線路の敷設費用を負担したとすると、その線路を利用した材料の輸送を、あらかじめ何年間または何トン必要と、一緒に契約で決められてしまうため、多くでは企業側で線路敷設費用を負担せざるをえなくなっています。

レイバーセーブは、袋を利用するコストだけで、不利な長期購入契約を強いることもない、鉄道輸送のような利便性を提供できるソリューションを提案できないかと言うことを考えてきました。

鉄道輸送の利点は、労働コストが低い点、汚染の危険性がない点、安全性の高さ、原材料のロスがない点、そして全体的な利便性です。また、欠点は、単一の供給元に束縛されてしまうことと、鉄道の使用に際し不利なレートで利用料金を支払わねばならないことでしょう。

 レイバーセーブの利点は、労働コストの低さ、汚染の危険性を大幅に低減できること、安全性の高さ、原材料の99.99%を袋から取り出せること、そして高い耐久性と保証を備えた機器の提供です。そして鉄道輸送と異なり、企業は単一の供給元に束縛されることはなく、また操業のコストも、当社製品によって実際に低減することができます。